水没・浸水修理

iPhone水没・浸水による故障

iPhoneが液体によって損傷した場合(たとえばコーヒーや清涼飲料水をこぼした等)は、
その液体による損傷の修理はApple製品1年限定保証の対象になりません。
アイフォンドクターでは内部クリーニング作業後に動作確認を行い、故障箇所をあぶり出していきます。

iPhone水没・浸水の故障症状

水没・浸水修理水没・浸水の故障症状

  • 水没してしまった
  • 電源が入らない
  • 反応しない

iPhone水没・浸水修理

お客様のご都合に合わせた修理内容・項目をご提案いたします。

水没・浸水修理

iPhoneは水に弱い!
お客様のご都合に合わせた修理内容

近頃はiPhoneの防水用ケースも発売され、更にはiPhoneの防水加工を行う業者も出来始めました。どんな場所でもiPhoneを手放さないよう、あらゆる手段が増えてきています。
しかし、どんなに気をつけていても、トラブルは起きてしまいます。検索エンジンで『iPhone 水没』『iPhone 浸水』と検索すれば、多くの事例や対策がヒットします。それだけ多くの人が悩まされているトラブルです。

iPhoneを水没・浸水させてしまえば、きちんと修理や対処をしても、その後の動作は不安定になってしまいます。もしバックアップを取っていればAppleで本体交換修理を受けられるほうが確実に長く使用できますが、突然のトラブル時に限ってデータバックアップがきちんと取れていないということは多いです。
水没・浸水してしまった場合、データを取り出す以外で分解修理をするメリットはあまりありません。前述の通り、どれだけ完璧に修理したとしても、水没させてしまった時点でその後壊れやすい状況には変わりないからです。加えてこういった非公式業者で修理してしまえば、Appleでの本体交換修理は受けられなくなってしまいます。そのため、もし修理後に端末が故障してしまい、それが基板故障※1であれば、機種変更以外の選択肢がなくなってしまいます。

水没・浸水修理

多くの方が携帯電話2年間にて契約されており、その間解約や機種変更をすればそれなりの費用が発生してしまいます。Appleでも有償修理の場合は約1万4千円から約2万8千円の費用がかかってしまう他、新品相当品との交換であるため、データは一度消えてしまいます。ただ本体交換修理をすれば、水没の影響によって壊れやすいという状況は改善されるので、確実に長く使用できます。もし修理をご検討されている方は、Apple・キャリアでの機種変更・そしてアイフォンドクターを始めとする非公式業者での修理のメリットデメリットをご理解された上で、今後どのようにするのかをご選択いただければ幸いです。

iPhoneDoctor(アイフォンドクター)での水没修理は、まず本体基板の腐食や錆、水分を薬品で洗浄いたします。ひとまず電源をつけてみて確認できた故障箇所も、水気があることによって起きていただけという可能性もあります。この内部クリーニング作業後に動作確認を行い、故障箇所をあぶり出していく形になります。また、iPhoneのバッテリーは本体の中に裸で取り付けられているため、ダメージを受けやすいパーツとなっています。内部クリーニングとバッテリー交換は、水没後長く使うためには必須事項となってくるでしょう。しかし水没・浸水だと、本体腐食により修理できる箇所・できない箇所が出てくることもあります。例えば、カメラは基板本体の故障で修理できないけれども、それ以外は直せるという状況もあり得ます。

 

水没時にやってはいけないこと

  • 電源を入れたり、充電したりしない。
    iPhoneの内部に水分が残っている状態で、電源を入れてしまうと電子チップや基盤をショートさせてしまう恐れがあります。場合によっては修理及び復旧ができなくなる恐れがあります。もし電源が入り使えた場合でも、中に水分が基盤を腐食させ急に壊れてしまう可能性があります。
  • ドライヤーで乾かさない。
    ドライヤーで急激に温度をあげてしまうと壊れてしまう可能性が高いです。
  • 中の水を出そうとiPhoneを振らない。
    振るとiPhone内部に水を行き渡らせる結果となり、状況がもっと悪化されてしまうことがあります。iPhoneの構造上振っても水は出ません。
  • 充電しない。
    水没後、画面に何も表示されず充電し復旧させようとすると、電源を入れる行為と同様のことが起こる恐れがあります。
  • 電子レンジには入れない。
    基盤やメモリが焼けてしまい修理及び復旧が出来なくなります。
  • 分解しない。
    むやみに分解を行ってしまうと、2次障害が発生し修理及び復旧ができなくなる可能性があります。

お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案

また修理はできるがあまりにも項目が多く、お見積もりが高額になってしまうことも。こういった場合、お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案させて頂きます。データだけどうしても取り出したいという場合、例え画面がつかなくてもPCに認識できる状態まで修理できたら、その時点で修理作業をやめるということも可能です。

ご予算以上の見積もりになってしまったときや、大切な機能が使えなくなってしまったときは、修理をしないでそのまま返却することもできます。お客様のご都合・ご予算に合わせての修理をご提案しますので、ご要望などありましたら受付の際にお気軽にお声かけ下さい。(例えばデータだけ引き出す最悪の場合はバッテリー交換とDockコネクタ交換が必要となってきます。)

お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案

郵便番号の上3桁を入力してください。

アイフォンドクター日本地図 北海道 東北 関東甲信越 北陸 東海 関西 / 近畿 中国 / 四国 九州 海外

iPhone が故障かなと思ったら

故障によっては、本体の故障ではなく、バグ等の可能性も。
その場合はお客様ご自身での診断・対策で直ることもあります。

電話予約
メール予約
お問い合わせ
アクセス