iPhoneX以降の画面修理の注意点!

iPhoneの画面修理で気をつけること|修理店の選び方や注意点を解説

iPhoneの修理依頼でもっとも多いのが「画面割れ」です。毎日大事に扱っていても、ふとした拍子にiPhoneを落としてしまい、画面を割ってしまうことがあります。

画面を割ってしまったときにどうすればいいのか...。

ここでは、iPhoneの画面修理を依頼するときに注意すべき点や、修理店の選び方について解説していきます。

画面が割れちゃったら……

「iPhoneを新しくしたばっかりなのに、落として画面割れちゃった……」「早く直したいけど、新しいから高そうだし時間もない……」そんな時修理にいくらかかるか、どこで修理すればよいか、どのくらいの時間がかかるかなどが気になりますよね?

 

そこで今回は、安く・早く直したいあなたにiPhoneⅩ以降の画面修理で注意すべき点や修理店の選び方について徹底解説していきます。


とにかく放置しないようにしよう!

iPhoneⅩ以降の機種で画面が割れてしまったら、放置せずすぐに修理しましょう。

指先を怪我するリスクや故障が深刻化することはもちろんのこと、新しい機種ならではのリスクがあります。以下にその例を記載しますね。

1. 画面専有率が高いデザインのため、従来のiPhoneに比べ見た目が悪くなる

iPhoneⅩ以降の機種では、「デバイスそのものがディスプレイ」と言われているように、本体のサイズに対して画面の割合が多くなっています。しかし、裏を返せば画面が割れてしまうと全体的に傷が入っていることになってしまうのです。したがって画面が割れてしまったらより一層見た目が悪くなってしまいます。

2. ホームボタンがないため操作性が著しく悪くなる

iPhoneⅩシリーズのもう一つの特徴は、ホームボタンがないことです。

ホーム画面に戻るには、下から上にスワイプすればすぐに戻ることができますが、画面が割れてしまうとスムーズにホーム画面に戻れなくなってしまいます。また、アプリを切り替えたり、動画を途中で止めたりするのがしづらくなります。

3. Face IDが使えなくなる

iPhoneⅩから顔認証機能「Face ID」が採用されました。手が水で濡れていたり、手袋をしていたりしても、ロックの解除ができるのでとても便利ですよね。しかし、Face IDは、画面損傷や画面割れに非常に弱いため、使えなくなってしまう可能性が高いです。

もちろんパスコードでもロックの解除ができますが、パスコード自体も入力しづらくなってしまいますので、ロックの解除が面倒になってしまいます。

4. 症状が悪化してしまうケースが多い

iPhoneX以降の機種から多く見られるようになった症状に画面が緑色に点滅したり光ることが多いです。これまでの機種では黒いシミのようなものができることが多かったですが、そういった症状以上に画面が見づらく、症状が現れやすい特徴があります。

上記では、iPhoneⅩ以降の機種で画面してしまった時のリスクを記載しました。

そのままにしていると、iPhoneⅩシリーズの良さがなくなってしまいますので、早めに修理することをおすすめします。


画面修理はどこでするのが正解!?

では、画面修理はどこでするのが良いのでしょうか?

まず前提としてiPhoneの画面修理ができる場所は、①Apple store/正規修理店 ②非正規修理店の大きく2つに分かれます。

 

以下ではそれぞれのメリット・デメリットを解説していきますので、自分の状況に合った選択をするようにしましょう。


Apple Storeで修理する場合の値段

iPhoneを修理する上で一番気になるのは、やっぱり値段ですよね。

 

ずばりiPhoneⅩをApple Storeで修理すると、30,400円(税別。2020年2月現在)もかかってしまいます。さらに画面以外に損傷がある場合は、59,800円となります。

Appleのホームページの表を見ると、iPhoneⅩ以前の機種との差は歴然です。

 

当日、修理をして金額を見たらビックリ!ということがないように、自分の機種を修理するのにいくらかかるのかAppleのホームページで最新の情報を確認しておきましょう。

 

(参考:https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service


AppleCare+に加入していれば、安く直すことが可能

購入したときにAppleCare+に加入していれば、安く修理することができます。

なんとiPhoneⅩ以降の機種でも、一律3,400円(2回まで)で直すことが可能です

 

加入していれば迷わずにApple正規店へ!と言いたいところですが、すぐに修理できなかったり、データが初期化されてしまったりなどのデメリットもあるので注意が必要です。デメリットについては後ほど詳しく説明しますね。

 

ちなみに、「後から入りたい」と思っても購入後30日が過ぎると加入することができないので、加入したい方は次の機種に変更したタイミングにしましょう。

 

また、画面以外に損傷があって直す場合は、11,800円となります。

AppleCare+に加入している方は、事前に他の部分が壊れていないかチェックしましょう。


Apple Storeなどの正規店で修理するメリット・デメリット

これまでは、Appleの正規店で修理する料金について説明してきました。

次に、Apple Storeや正規の修理店で修理するメリット・デメリットを記載します。

メリット

  • Apple純正の部品で修理してくれる
  • 新品と交換してもらえる場合がある
  • 安心できる

デメリット

  • 事前予約しないと修理してもらえないことが多い
  • 修理作業に時間がかかることが多い
  • 非正規店に比べ店舗数が少ない
  • AppleCare+に加入していないと修理料金が高い
  • データのバックアップを取らないといけない

一番のデメリットとしては、修理するまでに時間がかかってしまうことです。特に土日祝日は予約が集中してしまうため、すぐに修理できない可能性があります。また、運が悪いと予約したとしても数時間待たされることもあります。

 

もう一つ特筆すべきなのは、バックアップを取らないといけない点です。正規店の修理の場合、新品のiPhoneと交換することがあります。

したがって、修理に出す前に自分でバックアップを取らないとデータが消えてしまいます。この特性は特に画面が映らなくなってしまい事前にiTunesでバックアップを取れない場合に大きな影響があります。

 

正規店で修理する場合のメリット・デメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか? 必ずしも正規店で修理することが良いとは一概にも言えないと思います。


非正規店で修理する場合の金額

次に非正規店で修理する場合の金額について説明していきたいと思います。

機種や店舗によっても差がありますがiPhoneDoctor川崎店では10,000円〜25,000円程度割安のことが多いです。

 他の機種で比べても、Apple Storeで修理するよりもかなり安く直すことができます。

したがって価格面で見ると、AppleCare+に未加入の方は、非正規店で修理するのがダンゼンお得です。


安く・早く修理するには、非正規店で!

ここでは、非正規店を利用するメリット・デメリットを下記にまとめました。

メリット

  • 修理価格が安い
  • 待ち時間が短い
  • データのバックアップを取る必要がない

デメリット

  • メーカー保証が受けられなくなる可能性がある
  • 粗悪な部品を使用している場合がある
  • 技術面で不安がある

価格面以外のメリットだと、やはり待ち時間がかからないことです。

面修理だけであれば、事前予約なしでも画面やバッテリーの取り替えは5〜10分程度で修理可能です。

また、データのバックアップは不要ですので、壊れたらすぐに持ち込めます。

 

一方、デメリットとして挙げられるのは、粗悪な部品を使用しているケースと技術力にばらつきがある点です。修理後に不具合が生じると元も子もないので、お店選びは慎重に行いましょう。

次の項ではいい非正規店の見分けをご紹介します。

 

このようにとにかく安く・早く直したいという方には、非正規店の方がおすすめです。


良い非正規店の見分け方

さて良い非正規店とは、一体どのようなお店でしょうか?

最低限抑えるべきポイントを以下に記載します。

  • まずは当然の部分ですが、接客や電話対応に不審な点がないか
  • 画面修理やバッテリー交換以外に細かい修理が受けられるかどうか
  • パーツの不具合に対して保証があるかどうか

第一に見るべきポイントは、接客に不審な点がないかどうかです。

iPhoneの修理店はここ数年で急激に店舗が増えた背景があります。その中で若い店舗だと接客や対応に慣れてないことが多く、少し不審に感じてしまうことがあるかもしれません。

そして若い店舗だというだけならいいですが、若い店舗ということは修理実績が少なく、修理自体が雑であったり、修理に慣れている店舗なら直せていたような症状が直せないということもあります。

 

次に、画面修理やバッテリー交換以外の細かい修理が受けられるかどうかです。

iPhoneの修理の中で大部分を占める画面修理とバッテリー交換ですが、実は比較的簡単な部類なんです!なので、ただ画面の修理ができるというだけでは修理技術があるかどうかの判断が難しいです。逆にどういった修理が難しいのかというと、充電端子やボタンの修理などです。こういった修理を行える店舗は行えない店舗に対して修理がうまい可能性が高いです。

 

最後にパーツの不具合に対して保証があるかどうかですが、これは修理の腕があるかどうかというのはあまり関係ないですね。

どういうことかというと、どんなにうまく修理をうまく行える店舗でも、どうしてもパーツの不具合で後から調子が悪くなってしまうことがあります。修理の腕によって影響が出ることもありますが、万が一そういったことが起きてしまった時に何の保証もないとまた同じ費用をかけて画面を修理することになってしまいます。

その時に対応してもらえるのかということも重要な判断基準の1つです。

 

それから番外編ですが、そのお店のレビューを確認してみることも重要です。

例えば先ほどの例で保証に関して書きましたが、ホームページに記載されている内容と、その実際の運用に乖離がある場合があります。これはお店に悪意があるとかそういうことではなくて、いわば素人とプロの間に物事の捉え方に差があるかもしれないということです。

その差が大きければ大きいほどお店に来たお客さんはお店の対応に関して疑問が残ります。それがレビューとして現れていることがあるのです。

なので、自分を守るためにもホームページだけでなく、レビューの質を見比べてお店を決めるべきです。


よくあるトラブル

こんなことが頻繁に起きているとは思いたくありませんが、他店でトラブルになり、その後当店へお越しいただいた方に起きた事件を紹介します!

 

まず簡単なことを箇条書きにしてみます。

  • 店員の態度が悪く、不親切だった
  • 最初に聞いた価格と、請求された金額が違った
  • 修理後に状態が悪化してしまった

一つずつ詳しく紹介しますね。

まず店員の態度が悪いというのは論外だとして、最初に聞いた金額と最終的な金額が違うというトラブルです。

店員の態度が悪いというトラブルに通じる部分もありますが、よくあるのはホームページに記載されている金額と店頭で案内された金額が異なるということです。

 

例えばこういったケースでよくあるお店の言い分は、ホームページの金額に作業費が含まれていないというものです。ケースバイケースでそのような表示方法になっていることもありえなくはないと思いますが、お客様からすればなんでやねん!って感じだと思います笑

 

次に修理後に状態が悪化してしまったというトラブルです。

これは単純にそのお店の腕が悪くて、あるいは事前の説明が不足していて起きてしまったトラブルで、そのあとのお店の対応も良くないというケースですね。

簡単に説明すると、例えば修理に関係ないパーツを修理中に傷つけてしまったり、断線させてしまうことで修理後に動作しなくなってしまようなケースです。

 

たまに、他のお店で修理したあと調子が悪くなってしまったということで来店していただくと、中を見てみたら明らかに修理のミスだろうな、というような部分があるにも関わらずアフターケアを受けられずにお越しいただいたというようなこともありました。

 

あとはこういった精密機器は突然なんの前触れもなく壊れてしまうようなデリケートなもので、極端な例だと普通に使用していたと思ったら突然壊れてしまうようなこともあります。そういった事故が修理中に起きてしまうことはある意味避けられない部分ではあるのですが、そういったリスクも含めてお客様に説明するべきところを怠ってしまう店舗も中には存在しているので注意したいところです。

 

最後にもしこういったトラブルに巻き込まれてしまった際の対処法です。

まずよくある画面修理後のトラブルは以下の通りです。

  • タッチの操作がうまくいかない
  • 画面の写りがおかしい
  • ホームボタン、Face IDが効かなくなってしまった

というものが多くあります。

タッチの操作がうまくいかない、画面の写りがおかしいといった不具合はほとんどの場合画面の取り替えをすることで対処可能です。この状態であれば修理を受けた店舗にもう一度問い合わせをしてパーツの取り替えで対応してもらえることがほとんどになるかと思います。

 

問題なのはホームボタン、Face IDが効かなくなってしまう場合です。

画面の取り替えで治る場合もあるのですが、ホームボタンやセンサー自体を壊してしまっていると、機種にもよりますがもと通りに直すことは難しいです。少なくとも指紋認証、顔認証は使えなくなってしまう可能性が高いです。これに関しては修理店の腕を見極めるしかないですね。

こうなってしまうと、基本的に対応を諦めるしかないことがとても多いです。


まとめ

今回は画面修理で特にiPhone X以降の機種にフォーカスして修理の注意点をまとめてみました!

もちろん今回紹介しきれていない部分も多々あると思います。ですので、もし修理をどうするか悩んでいて、一人で悶々としてしまっている方はぜひお近くの修理店に相談してみることをお勧めします。それで違うなと思えば別の手段を考えるのもいいですし、自分に合うと思えばその修理店に任せるのもいいと思います。

 

ちなみに当店は川崎市役所のすぐそばで営業をしております。

私自身修理の腕にはかなり自信があるので、ぜひ


iPhone修理はなぜアイフォン ドクターがおすすめなのか?

アイフォンドクターでは、しっかりと研修を受けたスタッフが修理をします。

そのため、安心して端末を預けることが出来ます。また、データを消さずに即日修理ができるので、修理してる間にご飯を食べてきたり、端末を預けて仕事終わりに取りに来ることも可能です。

修理金額は店舗によって異なりますので、店舗の料金表をチェックして見てください。


iPhone修理のあとはガラスコーティング

iPhoneの修理をした後にオススメの保護する方法があります。

それは、スマホガラスコーティングです。スマホガラスコーティングは、端末に直接ガラスを塗り込んで、スマホを守ってくれます。

車が傷つかないように、コーティングする「カーコーティング」をイメージしていただければ理解しやすいと思います。

iPhoneの修理をして、ついでにガラスコーティングしてもらえれば、高価な端末を守ることが出来ます。

ぜひ、iPhone修理はアイフォンドクターへご依頼ください。


iPhoneⅩ以降の機種の画面修理は、iPhoneドクター川崎店へ!

上記では、iPhoneⅩ以降の機種における画面修理について解説してきました。

現在、画面の割れたiPhoneをお持ちの方はすぐに修理店に行って相談をしましょう。

 

iPhoneドクター川崎店では、川崎で7年間、「親切」「丁寧」を心がけて修理を続けてきました。

それもひとえにご来店いただいたお客様の知識と経験が豊富な技術者がお客様の目の前で修理にあたります。

したがって単純な画面交換だけでなく、バッテリー交換や画面修理の平均時間が10分から20分程度で、私たちは、川崎という地に根付いた店舗を目指して、これからも業務に邁進していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。


iPhoneDoctor川崎店は、iPhoneの画面修理はもちろん、バッテリー交換、電源ボタンとホームボタンの故障修理にも対応します。故障箇所のみ修理対応できるため、データを移す必要はありません。

iPhoneの買取も行なっているので、機種変更を検討している方にも最適です。総務省登録修理事業者に登録しているiPhoneDoctor川崎店が、さまざまな要望に対応します。

 

川崎駅のすぐ近くにある駅近の修理店なので、困ったときは気軽に

さらに修理作業はお客様の目の前で行いますので、ご不明な点はエンジニアに質問しながら作業をさせていただくことも可能です。(店舗によってはお預かりしたのち作業を致します。)

 

もちろん修理作業中は外で時間を潰していただいても構いませんし、店舗でお待ちいただくことも可能です。

当店ではこういったパーツの不具合などの際は修理から3ヶ月以内であれば無償で対応させていただけます。

結構お店によってこういった際の対応って差があって、まず保証期間は1ヶ月になっているお店が多いですかね?

短いところだと数週間程度というところもあったりします。

 

あと知識が少なかったりするお店だと実際に使用したパーツに問題がある場合でも、症状の出方が珍しかったりすると店員がパーツ取り換えで治ることに気づかなかったり、なぜか対応してもらえないみたいなケースがあるのでよく調べてから修理をしたほうがいいですね。

 

ちょこちょこ他のお店で再修理を受け付けてもらえなくて当店に流れ着いたみたいな方もいらっしゃったりして一体何があったんだろうかと思うことがあります笑

結構そういったトラブルもなくはないみたいなので、修理店を探す際は一応気をつけたほうがいい部分になるかなと思います。


お問い合わせ