カメラ修理

iPhoneカメラの故障

アイフォンドクターには多くの「カメラ」修理依頼をいただきます。
落としてしまったなどの物理的なダメージによるカメラ機能の故障が引き金になりますが、
システム不具合などで症状が引き起こされる例もあるため、原因を特定して修理いたします。

カメラの故障症状

カメラ修理カメラの故障症状

  • 割れてしまった
  • 撮影できない
  • 自撮り撮影ができない
  • カメラを起動しても、フロントカメラで映像が映らなくなった
  • ピントが合わない
  • シミのようなものが映る
  • 通話中に画面が消えない

iPhoneカメラ修理

お客様のご都合に合わせた修理内容・項目をご提案いたします。

水没・浸水修理

iPhoneカメラは高性能!
お客様のご都合に合わせた修理内容

iPhoneのカメラはシリーズを重ねるごとに非常に高性能となっており、デジカメを持ち歩く方も少なくなりました。画素数も一昔前のデジタル一眼レフ並みの解像度を有し、イメージセンサーや画像処理エンジンも飛躍的に進化しています。
iPhoneのカメラはデジカメと異なり、F値やシャッター速度等のカメラ特有の知識がなくても誰でも素晴らしい写真が撮影できるのが最大の特長と言えます。
さらに一部機種では、動く写真が撮れるのライブフォト機能やプロ並みのボケ味を楽しめるエフェクトなど、写真をさらに楽しめる機能が満載なのも大きな魅力となっています。

水没・浸水修理

iPhoneの中でも皆さんがよく使う優れたカメラ機能が使えないのはとても不便です。
iPhoneのカメラには2種類あり、それぞれ「外側カメラ(アウトカメラ)」と「内側カメラ(インカメラ)」と呼ばれます。どちらも名前の通りですが、iPhoneの背面にあるのが「外側カメラ(アウトカメラ)」、全面(液晶画面側)にあるのが「内側カメラ(インカメラ)」です。どの故障パターンでも、多くの場合2つのカメラのどちらかが故障しています。

 

カメラの調子が悪い時の対処法

  • バックグラウンドで起動しているアプリを終了する。
    起動しているアプリをAppスイッチャーでバックグラウンドで動作しているアプリ終了させると不具合が解消されることがあります。
  • iPhoneを再起動する。
    再起動では、バックグラウンドアプリの終了だけでなくOSも一度終了するので、ソフトウェアの不具合である場合はこの方法で改善することがあります。
  • レンズを拭き取る。
    カメラ本体やレンズが破損していない場合で、カメラの不具合があるときはレンズの掃除で直ることがあります。
  • ケース類を取り外す。
    ケースに使用されている素材によっては磁気干渉起こしてカメラに不具合が出るということでケースをつけるということが悪いというものではありません。

お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案

予約等いただかなくても、当日の修理を受け付けております。
閉店30分前(店舗・修理内容)に受付を済ませていただければ、即日納品が可能です。修理作業中は店舗でお待ちいただいてもかまいませんし、一度iPhoneをお預けいただき、再び引き取りに来られる形でも構いません。また仕事等の都合ですぐに引き取りに来られない場合もきちんとお預かりいたします。お客様のご都合に合わせた対応をさせて頂きます。
※修理箇所によって作業時間が異なります。また受付順での作業となりますので、お客様の混み具合によっては即日納品が難しい場合もございます。予めご了承ください。

お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案

郵便番号の上3桁を入力してください。

iPhone が故障かなと思ったら

故障によっては、本体の故障ではなく、バグ等の可能性も。
その場合はお客様ご自身での診断・対策で直ることもあります。

電話予約
メール予約
お問い合わせ
アクセス