· 

東京メトロが全駅にiPhone1,500台を導入へ

iPhone修理のアイフォンドクターです。

東京メトロは、2019年10月15日より東京メトロ全線でiPhoneを導入することがわかりました。外国人観光客へ案内強化が期待されています。導入されるiPhoneの数は約1,500台です。

 

案内サービス品質向上を目指す

東京メトロは、2010年から一部で業務にiPadが導入されていますが、iPadよりコンパクトで迅速にお問い合わせ等に対応できるよう、iPhoneの導入を決定しました。iPhoneには地図アプリや乗り換えアプリ、インターネットのブラウザがインストールされる見通しです。

 

オリンピックに向けて外国人観光客の案内強化も

2020年に行われる東京オリンピックでは、様々な国の言語の異なる旅行客が日本へ訪れます。その中で、東京メトロを利用する外国人もたくさんいると考えられます。外国人観光客に人気の浅草・雷門なども東京メトロを利用した方が便利ですし、その他観光スポットも東京メトロを利用した方が便利な場所がたくさんあります。来日した利用者をサポートするために、社員が携帯するiPhoneには、東京メトロとNTTドコモが共同開発した「はなして翻訳」というアプリが搭載されます。

 

ユーザー側だけではなく情報共有にも

ユーザー側のメリットだけではありません。駅間の社員同士でも連絡を取り合うことのできるバリアフリーアプリも搭載予定です。また、異常事態が発生した時など、写真共有アプリで、社員同士がiPhoneを利用し、動画や画像を共有することができます。

 

参照:東京メトロ

https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20191009_96.pdf