· 

【iOS13】アップデート失敗でリンゴループに?

iPhone修理のアイフォンドクターです。

ついに、iPhone11シリーズが発売され、それと共にiOS13がリリースされました。

皆様は更新しましたか?iOS13では、ダークモードが追加されたり、音量インジケーターの場所が変わったりとiPhoneを買い換えた気分になれます。

iOS13にアップデート使用と思ったら、電源が落ちて起動しなくなった。リンゴループになった方も多くいます。

本日は、iPhoneのバージョンを新しくする時に事前に準備できることをご紹介させていただきます。

 

iOSをアップデートしたら電源が入らない

iOS13に更新する時、端末の容量を使用して更新するのですが、容量が少なかったりなかったりするとiPhoneが「限界〜」となってしまい、いきなりシャットダウンしてしまいます。もし、更新中にシャットダウンしてしまったら一度電源を切って、再度電源を入れてみてください。それでも付かない場合、端末をリカバリーモードに入れiTunesに接続し、アップデートか更新を行なってください。たまに、PCでアップデートするとできる場合があります。エラーコードが出てしまったら、AppleかiPhone修理店に相談してみてください。

 

iOSをアップデートをする時の準備

iOSアップデートする時は、容量に余裕を持つ、バッテリーが古い場合は、バッテリー交換をしてから行なってください。バッテリーが経年劣化していると、アップデートで使用する電力供給が追いつかず、電源が途中で切れてしまう可能性があります。また、バックグラウンドを全て消し、出来るだけiPhoneを軽い状態にしてアップデートを行なってください。

 

アップデートで何かエラーが起きても対処できる方法

これはもう、バックアップを事前にとっておきましょう。バックアップを取っておけば万が一端末が使用できなくなっても新しいiPhoneに移行した際にデータを最低限残しておくことができます。アップデートをしようとしたら端末使えなくなったショック+データ消失のダブルショックがくるとかなりきついです。ショックを軽減させるためにもデータだけはせめてバックアップ取っておきましょう。