· 

iPhoneのバックアップこまめに取ってますか?取らないと大変なことに。。

iPhone修理のアイフォンドクターです。iPhoneには、写真や動画、連絡先、ゲームなど様々なデータが入っています。

しかし、今iPhoneが故障や紛失してしまったりしたらデータも一緒に失われてしまいます。

そんな時に備えてバックアップを取りましょう。

 

バックアップの取り方

バックアップの取り方をご存知ですか?

iPhoneのバックアップ方法は主に、2つの手段があります。

1つ目がパソコンで「iTunes」を利用して行う方法とAppleのサービス「iCloud」にバックアップを取る方法があります。

 

【iTunes】

端末ほぼ全てのデータと設定情報がバックアップ可能です。

手順①iPhoneとPCを接続し、iTunesを起動します。

⬇︎

手順②左上のデバイスボタンをクリックします。

⬇︎

手順③バックアップ欄にある「今すぐバックアップ」をクリックすると、PCにiPhoneデータがバックアップされます。

 

【iCloud】

端末ほぼ全てのデータと設定情報がバックアップ可能です。

※パソコンで取り込んだ音楽ファイルなどはバックアップ対象外

 

手順①設定アプリタップ後、ユーザ名をタップ

⬇︎

手順②「iCloud」をタップ

⬇︎

手順③「iCloud」バックアップをタップ

⬇︎

手順④「今すぐバックアップを作成」をタップ

 

iPhoneのバックアップを取ってデータを残しておこう

突然のトラブルでデータが一気になくなってしまったら、プライベートや仕事までにも支障きたしてしまいます。

そんなトラブルがあっても大丈夫なように、未然にデータを自分で守っていく必要があります。

バックアップを取っておけば、端末が壊れてしまい使用できない状態になっても新しいiPhoneを購入すればデータを端末に戻して使用できるので、できることは気付いた時に行なっていきましょう。