iPhone修理店が教える誰でもできるiPhoneクリーニング方法 ”充電口編”

iPhone修理のアイフォンドクターです。

毎日使用しているiPhoneですが、定期的にメンテナンスしているでしょうか?

手垢の汚れやポケットのホコリなどが原因でiPhoneの故障に繋がってしまうなんてこともあるんです。

本日は、iPhone修理店が教える誰でもできるiPhoneクリーニング方法をご紹介していきます。

 

一番ホコリが溜まりやすい場所は?

スマホの画面はトイレの便器より雑菌がいる‼️

なんてことは聞いたことあるのではないでしょうか?

iPhoneで一番ホコリが溜まりやすい場所があります。

 

それは、、、

 

”ドックコネクタ”です。ドックコネクタって聞いてもわからない人も多いと思います。

ドックコネクタとは、簡単にいうと充電のケーブルを挿入する場所です。

 

ここは、くぼみがある場所なので一番ホコリが溜まりやすいです。

ホコリをピンセットで取ろうと思っても、ドックコネクタ部分を傷つけてしまう可能性もあるので、充電ケーブルが挿入できなくなったなどの症状があったら、お近くのiPhone修理店に依頼をしましょう。

 

ご自身でも安全にクリーニングできる方法

先ほど、ピンセットでやったらドックコネクタを傷つけてしまうかも。と書きましたが、

自分でも安全にホコリを取り除くことができます。それは、”エアダスター”です。

 

エアダスターにも種類がありますが、その中でも”ノンフロンタイプ”を使用してください。

エアダスターの中にも液漏れするものもあります。液漏れしたらiPhoneの故障に繋がるので、必ず”ノンフロンタイプ”を使用してくださいね。

 

スピーカーも忘れずにクリーニング

ドックコネクタが一番ホコリが溜まりやすいですが、スピーカー部分も汚れが溜まりやすいです。

スピーカー部分もエアダスターで汚れを取り除いたり、使ってない歯ブラシで優しく汚れをかき出してみてください。

自分が思ってるより汚れが出てくるかもしれません。

クリーニングしても、充電ができなかったり、マイクの声が相手に届かなかったり、スピーカーから音が出なくなったりとありましたら、お近くのアイフォンドクターへご来店お待ちしております。。