· 

置き型のワイヤレス充電器は危険??

iPhone修理のアイフォンドクターです。

iPhone8以降に発売されたiPhoneは背面がガラスになり、ワイヤレス充電ができるようになりました。

しかし、ワイヤレス充電を使用していると劣化が早まる可能性があるとの論文が、イギリスの大学からAmerican Chemical Societyに掲載されています。

 

iPhoneの適切な温度とは?

iPhoneの適切な温度0度から35度とAppleから設定されています。

寒い日や暑い日などは充電の減りが早いですよね。

バッテリーが温度に耐えきれなくて無駄な電力を供給してしまい、充電の減りが早くなるのです。

それを何回も繰り返すとバッテリーの経年劣化を早めてしまいます。

ワイヤレス充電を使用するとQi方式では熱を持ったワイヤレス充電器とスマートフォンが接触し放熱が不十分になりがちと研究グループは指摘しています。

 

ワイヤレス充電で基板がショート?

お客様にも「ワイヤレス充電してたら電源つかなくなっちゃた!!」なんてお客様がご来店してくださいます。

お客様の見立てでは、バッテリーの問題と思う方も多いと思いますが、バッテリー交換しても表示がつかない場合があります。

その場合は、基板の問題です。

基板がショートしてしまうと電源が入らなくなったり、リンゴループを繰り返したりなどiPhoneが全く使用できなくなります。

その場合は、すぐにお近くのアイフォンドクターにご依頼ください。

 

正しい充電の仕方とは?

100円ショップやコンビニなどでもiPhoneの充電コード・モバイルバッテリー・ワイヤレス充電器など販売されていますが、どれも充電できるからいいというものではありません。

やはり、Appleから販売されている純正のlighteningケーブルとACアダプタを使用することをおすすめします。

AppleはiPhoneに合うように充電器など作っています。

電力の供給量なども考えて充電部品は作られているので、「安物買いの銭失い」にならないようAppleの純正部品を使用してみてください。