· 

有機ELパネルとLCDパネルの違いは?iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Maxは有機ELパネルを使用している

iPhone修理のアイフォンドクターです。

お客様からの問い合わせで、「iPhone Xを落としたら緑の線が、、、。」というお問い合わせが増加しています。

iPhone 8plusまでは、ディスプレイがLCDパネルと呼ばれるパネルが使われておりましたが、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Maxは有機ELパネルが利用されています。

そのため、画質や画面の鮮やかさがかなり綺麗になりました。

 

有機ELパネルとLCDパネルの違いは、、、

簡単に説明すると、これまで使用されてきたLCDパネルの場合は、カラーフィルターと液晶シャッターをiPhone本体側にあるバックライトで照らして、私たちに画面が見えるようになっています。

 

有機ELパネルの場合は、サブピクセルと呼ばれる画面側についているものが独自で発光するため、従来使用されてきたLCDパネルより、消費電力が少なくバッテリーの持ちもよくなりました。

 

iPhone修理店に行くと、有機ELパネルかLCDパネルか選べるお店と選べないお店があります。

正直、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Maxの場合、本体側も有機ELパネル仕様になっているので、可能であれば、有機ELパネルでの交換をおすすめします。

もちろん、LCDパネルでしか扱ってないところもありますので、事前にお問い合わせいただいた方がいいと思います。

 

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Maxは緑の線が入りやすい

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Maxは有機ELパネルを使用しているため、落とした衝撃で緑の線が表示されます。

これは、システムが破損したのではなく、有機ELパネル内の液晶部分が一部破損したことによって起こる症状なのです。

そのため、緑の線が入ったら、お近くのiPhone修理のアイフォンドクターにご依頼ください。

アイフォンドクターでは、修理後にスマホガラスコーティングも受付可能です。

修理の直後iPhoneを守るならすぐにスマホガラスコーティングを行うことをおすすめします。