· 

衝撃にも強い!スマホの熱が5℃下がる冷却ケースを日本メーカーが本気で作った!

iPhone修理のアイフォンドクターです。

クラウドファンディングサイトのMakuakeで、スマートフォン本体に取り付けると、スマホの熱が5℃下がる冷却ケース「HEATSINK-5℃ Cool」(ヒートシンクマイナスゴド クール)が登場し、早くも目標金額20万円を3時間で達成するほどの注目商品です。

 

「HEATSINK-5℃ Cool」の商品特徴とは

この商品の開発を手がけているのは、日本の電子部品メーカー(サンハヤト株式会社)。

商品特徴①「-5℃の冷却効果」

電子基板の熱を逃す「熱伝導」知見を生かして、本気で開発にした商品。

電源ボタンがあるわけでもなく、端末に装着しただけで、-5℃の冷却効果を発揮してくれる優れもの。

 

商品特徴②「衝撃に強い」

冷却だけではなく、落とした時の衝撃にも対応出来るようになっている。

耐衝撃性にするために一番傷つきやすい四隅をしっかりガード。安心の衝撃吸収設計。

衝撃実験も実際に実施されている。

-5℃の冷却効果にはどんな効果があるのか?

iPhoneのバッテリーは、リチウムイオンバッテリーが使用されています。

リチウムイオンバッテリーの高温に非常に弱いです。

バッテリーの劣化の原因であったり、最悪発火の恐れも出てきます。

また、iPhone端末も熱に弱いです。

iPhoneを使いすぎていると端末が熱くなり、動作が遅くなったり、「iPhoneを使用するには本体温度が下がるまでお待ちください」という表示が出てきます。

 

Appleによれば、iPhoneは0℃〜35℃の範囲で使用することを推奨されています。

 

今年の夏も気温35℃超えが当たり前と考えられています。

iPhoneにとって非常に厳しいシーズンになるのです。

今回、ご紹介した「HEATSINK-5℃ Cool」を使用してiPhoneにもクールダウンさせてあげましょうね!

それでもiPhoneが壊れてしまった際は、お近くのアイフォンドクターにご依頼ください。

 

参照:Makuake

https://www.makuake.com/project/heatsink/#wrap