· 

iPhoneが流通したことにより環境破壊を救った?

iPhone修理のアイフォンドクターです。

iPhoneが発売され12年が経ち、世の中全体が変わった12年間でもありました。

 

インターネットと生活がセットになったり、ユーザーの生活を豊かにするツールがたくさん入っていたりとiPhoneさえ持っておけば他のガジェットを持っていなくても生活ができるようになったのです。

しかし、デバイス生産に必要な資源が必要になるため、Appleは環境問題を引き起こしている意見も上がっています。

しかし、そんなことはないそうです。

iPhone90年代ガジェットは集約されている

ライターのスティーブ・シチョン氏は、アメリカの家電販売店チェーンRadio Shack1991年の広告に掲載されている15個のガジェットのうち、13個の機能をiPhoneが搭載していることを指摘しました。

ということは、90年代作られていたガジェットの数々がiPhoneに集約されたとこにより、12年間どれだけのガジェットの数々が作られていたのか、またその分、環境問題の原因を作っていたかもしれないと考えた時に、現在iPhoneだけを生産すればユーザーの生活を豊かにできるようになったのです。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の「デジタル経済イニシアチブ」で共同ディレクターを務めるアンドリュー・マカフィー氏は、「iPhoneをはじめとするスマートフォンは脱物質化の流れの中で生まれたもの、より薄いアルミニウムの缶、軽い建物、そして効率的な開発が可能になった。」と述べています。

 

マカフィー氏によれば、iPhoneが出てきたことにより、環境問題どころかそれを解決したと主張しています。

iPhoneが生活を豊かにしてる

今やiPhoneを知らない人はいないと思います。

iPhoneでは、写真がきれいに撮影できたり、計算機がわりになったり、万歩計になったり、インターネットを簡単に利用できたりとここには書ききれないほどの素晴らしい機能がたくさん備わっています。現代人にとって本当に必需品ですよね。iPhoneで撮影した動画をYouTubeにアップし、それを仕事にしている人もたくさんいるくらいです。iPhoneの使い方次第では、収入を得られるツールへと変換させることができるくらいのポテンシャルを持っているのです。

しかし、iPhoneがいざ壊れてしまったらどうしますか?

大変ですよね、、、。そんな時は、iPhone修理のアイフォンドクターにお任せください。

 

データを消さずに即日修理を行うことが可能です。