· 

東京、学校へスマホ持ち込みが可能に解禁‼

iPhone修理のアイフォンドクターです。

 

東京都教育委員会は、平成21年生徒がスマートフォンや携帯電話などの情報通信端末の持ち込みを一律禁止にした通知を廃止したことを明らかにしました。学校へのスマートフォン・携帯電話などの持ち込みが可能になったのは約9年ぶりとなります。

学校で通信端末を使用することも

今回、東京都教育委員会は今後学校で通信端末を使用することの想定とし、通知を解禁したと思われます。2020年からは、プログラミングや英語など様々な教科を勉強するのに加えて時代の変化に対応できるように、通信端末は大切な役割を果たすと考えられる。また、登下校時に安全確保や災害時の安否確認など保護者からの要求も配慮されました。

 

現段階では、事実上の解禁となったが持ち込みや使用などに関しては各学校の判断となります。

 

通信端末を持ち込み解禁の懸念点

もともとなぜ、持ち込み禁止の通知が出されたのか?

約10年前にガラケー(フューチャーフォン)からスマートフォンへの移行が急ピッチで進んだことにより、インターネットが身近なものになった。その時に、社会問題にもなっていたSNSを使用したいじめ、出会い系による犯罪、スマホゲームへの依存、深夜までスマホを手放せなくなった中・高校生が増えたことにより、学校ではスマホ持ち込み禁止令が出されたのだ。しかし、今回もスマホ学校持ち込み解禁したことにより同じような問題が懸念されている。そこで東京教育委員会は、スマホの使用ルールを定めるように声がけしている。

 

フランスでは去年学校でのスマホ使用が禁止に

フランスでは、15歳以下の子供が学校でスマートフォンを使用することを一切禁止する法案が可決されました。しかし、学校で使用を指示された場合、課外活動時、障害を持つ生徒は対象外になります。

日本でも、学校にルールを委ねるのではなく東京教育委員会がルールを定め展開していったほうが、学校への負担も軽減されるとおもう。今回は、東京都が対象となっていくが他の道府県もどのような動きを見せるのか楽しみです。

 

参照:iPhoneMania

 

https://iphone-mania.jp/news-251449/