Safariのブックマークが消えたときの対処法

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

Safariのブックマークが消えたときの対処法


昨日iOS6.1が公開され、個人的に大満足なマイナーアップデートだったのですが、
ひとつ困ったことが発生しました……。

Safariのブックマークが真っ新。
全部消えてしまったのです。なにもしていないのに。
iPhone4S時代からのブックマーク消滅。かなりショックでした。
ただ、アップデート直後に消えた訳でもないので、今回のアップデートのバグという訳ではなさそう。
というわけでもそもそとiPhone側を調節。
結果としては、色々操作をしていたら無事に復活してくれました!!

私が試した方法は2つです。

対処法その1『キャッシュクリア』


 

ホーム画面で、ホームボタンを2回クリック
→ドックアプリの更に下にアプリが表示される(今まで起動したアプリ)
→一番下に表示されているアプリを長押し
→約2秒ほどでアイコンが震え出し、左上に赤地に白文字のマイナスマークが表示される
→マイナスマークをタップすると、そのアプリが消える

ホームボタンを2度押し、表示されたアプリは今まで起動したアプリ。
ただの履歴である場合もあれば、実際には起動していないのに動き続けているアプリもあります。
震えているアプリを全部消せば、すべてのアプリを完全に終了させることが出来ます。

動作が重たいときにも使えるキャッシュクリア。
結構万能な手段なのですが、今回のブックマーク消失騒動には効果がありませんでした。

ただ、直った後に調べたのですが、キャッシュクリアでSafariを完全終了させ、再び起動させた所、
ブックマークが復活していたという方もいらっしゃいました。
参考:http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n136867
私の端末に関しては効果はありませんでしたが、個体差やiOSのバージョン、機種等の条件によって直る場合もあるようです。

 

対処法その2『再起動』


「え?再起動で消えたものが戻るの?」
という声が聞こえてきそうですが、私は再起動で復活しました
再起動には2種類有ります。

・電源ボタンを長押し→画面上部に表示される「電源オフ」を右にスライド
・電源ボタンとホームボタンを7秒から10秒長押し

通常の電源オフが上、強制再起動が下になります。
丁度パソコンに例えると、パソコン側の操作によって電源を切る方法と、電源オンオフのボタンを押して無理矢理電源を切る方法といった具合です。
強制再起動は、文字通り強制的にリセットさせるものなので、頻繁に行わない方が無難だと思われます。

私は今回通常の電源オンオフで無事に消えたブックマークが復活!
そしてこちらのやり方も、調べてみたら既に解決方法が掲載されていました。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10117205?start=0&tstart=0
 
この二つを試しても直らない場合、
設定→Safari→履歴を消去 もしくは Cookieとデータを消去
をした上で、キャッシュクリアをお試しください。

これでも直らないと、復活させることは難しいと思います……。
iPhone不具合時の対処法として、代表的なものはiTunesからの復元ですが、今回の症状では有効ではないように思います。
なぜなら復元前にバックアップを取り、症状が起きている状態のデータを再び戻すため、消えた状態のデータを戻すことしか出来ないと推測されるため
もし症状が起きる直前のバックアップデータがあるのであれば、復元後そのデータを戻してみれば、直るかもしれません。

ブックマークが消えてしまったらキャッシュクリア再起動
同じ症状に陥ってしまった方、一度お試しください。