iPhone修理ならアイフォンドクターへ

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

iPhone4フロントガラス割れ交換修理_12
screen_31手順8 で除けていたAuthorized Service ProviderOnly と書かれたタブを元の位置に戻します。基板を覆う形に戻したら、バッテリーを取り付けます。
アンテナを押さえる金具を取り付け、端子を取り付けたら2.5 ミリネジでバッテリーを固定してください。端子は必ずソケットの真上から押し込んでください。
周りのチップを潰したり傷をつけたりすると、充電できなくなる恐れがあります。

※ここで電源を入れ、液晶・デジタイザ・近接センサーのテストを行います。併せてSIM カードがきちんと認識するか確認してください。
液晶の液漏れ・色が反転している等液晶不良、タッチの効かない部分がある・全体的にタッチできない等デジタイザ不良の場合、フロントガラスパーツを取り換えてください。
近接センサーが効かない場合、フロントガラス自体には問題ないことが多いです。修理・対策方法は近接センサー・電源ボタンの項でご説明いたします。

screen_32Dock コネクタケーブルカバー・上部端子カバーを付けます。Dock コネクタケーブルのカバーはネジで止めるだけで問題ありません。
端子カバーをつける際、一番長い4.8 ミリネジで固定する部分の金具が取れてしまうことがあります( 画像参照)。
この部分は金具とネジが接触して、Wi-Fi の役割をしています。ネジが曲がっていたり、金具が外れてしまっていたりすると、Wi-Fi の感度が著しく低下する可能性があります。その部分を確認してからネジ止めしてください。

screen_33バイブレーターを取り付けます。このパーツはネジで止めるだけですが、イヤフォンジャックとの接触部分である2 本の端子が、取り外しによってうまく接触できなくなってしまうことがあります。
この場合バイブレーションが効かなくなってしまうので、2 本の端子を軽く起こしてから取り付けてください。

screen_34基板やパーツについた指紋を眼鏡拭き等でふき取り、ほこりをエアダスター等で取り除いて下さい。すべての端子・ネジをつけたことを確認して、バックプレートをつけ、星形のネジをとめてください。


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12