iPhone修理ならアイフォンドクターへ

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

iPhone4フロントガラス割れ交換修理_04
screen_09Dock コネクタケーブルのカバーを押さえているネジを二つ外します。左から、1,2 ミリ、1,6 ミリのネジになります。
ネジを外すとDock コネクタケーブルカバー( 黒か銀) は取り外すことができます。

screen_10図のように、基板とDock コネクタケーブルの隙間にセラミックドライバーを差し込み、ケーブル端子側に力を入れて押し上げます。

このとき、ケーブル部分に負荷をかけて取り外しを行うと、ケーブルが断線し、修理後充電ができなくなることがあります。ケーブルそのものには傷をつけないように取り外しを行ってください。
端子を外したら、基板にテープで貼りついているケーブル部分を下部スピーカーの位置まで外すことができます。そこまで剥がしたら、ケーブルの折り目に合わせて左側に折り曲げます( 手順11 の図を参照)。尚、Dock コネクタケーブルの端子がはまっている基板ソケットの位置に、チップ抵抗が密集しています。取り外しのときにチップを壊してしまわないように気を付けてください。
screen_11Wi-Fi/3G アンテナケーブルを取り外します。かなりきつくはまっているパーツになります。左の図で工具が触っている銀の部分がケーブル端子です。そこにセラミックドライバーを軽く引っかけ、上に押し上げます。
アンテナの基板側ソケットは、ほかの部分に比べるとやわらかく、形が崩れやすいです。あまり負荷をかけすぎないように注意してください。このタイミングで下部スピーカーを押さえている左のネジを取り外してください。


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12