iPhone修理のアイフォンドクター公式サイト

iPhoneガラス修理方法をご紹介します。

iPhone4sガラス割れ交換修理_03
4s_screen_07バッテリーを本体から取り外します。
図のように大きめのヘラを右側からバッテリーの隙間に差し込み、両面テープで固定されているバッテリーを取り外します。差し込んだ工具と、工具を持っている手の親指でバッテリーを挟み込むように持ち上げるとより外しやすいです。

※バッテリーの中心か少し下のほうにヘラを入れるようにして下さい。その上にイヤフォンジャックケーブルがあり、取り方によって断線させてしまうことがあります。

4s_screen_08Authorized Service Provider Only と書かれたタブを、先ほどバッテリーを固定していた両面テープに付着させます。

これによりタブが基板を覆って、作業をしづらくなるのを防ぎます。
なお、バッテリーをつけ直す際、このタブを必ず元の位置に戻しましょう。戻し忘れによりバッテリーの収まりを悪くすることがあります。

4s_screen_08_01※この作業は、基板を取り外す前ならどのタイミングでもかまいません。
SIM カードが入ったSIM トレイを、クリップなど細い棒状のものを使って抜きます。本体を正面で持ったとき、右側の側面にSIM トレイがあります。そこにある穴に図のようにクリップなどを差し込めばトレイが押し出されますので、そのまま手でトレイを引き出します。

SIM トレイが入ったままだと基板を取り出すことができません。必ず抜いてください。


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14