iPhone修理ならアイフォンドクター

ドックコネクター交換マニュアル公開します

4S_dock_24_01まずDock コネクタ横の2 本の1.3 ミリネジを取り外してください。
サイズは同じですが、入れ替えるとうまく取り付けられないこともあります。
取り付け時は、出来るだけ外した順番でネジをつけてください。

 

4S_dock_24_02マイクとそこへ続くケーブルを外します。
マイクはゴムのカバーが付いており、その先端が下の筒状のプラスチックパーツにはまり込んでいます。
ピンセットなどで上に押し、取り外してください。マイク手前のケーブルは両面テープでベゼル部分に貼りついていますので、金属ヘラなどで取り外してください。

 

4S_dock_24_03Dock コネクタケーブル全体を取り外します。
基本的には両面テープで固定されているので、全体を引っ張りテープをはがすように取り外します。
コネクタ部分がベゼルフレームにはまっているので、その部分はコネクタ内部( 実際に充電器をさす部分)にピンセットを入れ、押し上げると外しやすいです。

 

4S_dock_25マイクについているカバーを取り外します。 カバーとマイクは両面テープで固定されていますので、カバーの隙間をピンセットなどで少し広げ、取り外します。

取り付けの際は金色の部分がマイクカバーの上側に、ケーブルの裏にある穴の開いている方が、マイクカバーの下( 出っ張りがある側) へくるよう取り付けます。
ベゼル側の筒状のプラスチックパーツに取り付けるとき、きちんと出っ張りの部分が溝にはまっていないとマイクの音が遠くなる恐れがあります。

※注意点:Dock コネクタ取り付けに関して
Dock コネクタはベゼル側にケーブルを取り付ける位置がおおよそ彫りつけてあり、きちんと取り付けないと修理後充電器がささりません。Dock コネクタはきちんと位置も確認して取り付けを行ってください。