iPhone修理のアイフォンドクター公式サイト

iphoneフロントカメラ・イヤフォンジャックの修理方法をご紹介します

iPhone4フロントカメラ・イヤフォンジャック修理_02
earphone_22ネジを外すとマナーボタンのカバーが取り外せます。画像の向きが正しい方向です。逆向きだと取り付けができません。注意してください。
※マナーボタンとボリュームボタンはイヤフォンジャックと一体のため、ここではネジ固定を取り外すのみにとどめてください。

 

 

 

earphone_23イヤフォン部分を取り外します。
イヤフォンの右側に半円のくぼみがあります。そこにピンセットを差し込み、下に引きます。イヤフォンジャック差し込み口は少し出っ張っており、その部分がベゼルフレームにはまっている状態です。そこを外すことをイメージしながらピンセットを引き下げてください。
位置がずれたら、バイブレーターが乗っている部分の裏に両面テープがついていますので、そこを離すように持ち上げます。

 

 

earphone_24取り外した状態です。
製品状態の部品は既に取り付けように折り畳まれていますが、新品のケーブルは自分で製品の状態まで折畳んでいく必要があります。52 ページに新品のイヤフォンジャックケーブルの画像がありますのでご参照ください。

 

 

 

※マナーボタンとボリュームボタンは、土台となるプレートを移植してからの取り付けになります。
マナーボタンは銀板側に横並びの穴が2 か所開いており、そこにパーツの黒い円柱を差し込みます。ボリュームボタンは銀板を上から覆うように、パーツ付属の両面テープで貼り付けます。
取り付け準備は以上です。取り付け手順は24 ~ 18 をさかのぼってください。

注意点とその解決法は以下のです。
・マナーボタンをきちんと動かせるかどうか。
→動かない場合、ボタンとスイッチの、マナーモード/ 解除状態が逆になっている可能性があります。ピンセットでスイッチケーブル側のマナーボタンを動かしてください。
・ボリュームボタンがはまり込んでしまっていないか。
→押せない場合、ネジを強く締めすぎていること、もしくはボリュームボタンプレートの向きが違うことが原因と思われます。3 本とも少しずつ緩め、調節してください。プレートの向きは手順21 をご覧下さい。
・イヤフォンジャック差し込み口はベゼルの穴部分とずれていないか。
→ずれている場合きちんとはまっていないと思われます。イヤフォン全体を指の腹で奥まで押し込み、ベゼル上部からずれがないか確認しながら取り付けましょう。


01 02