iPhone修理ならアイフォンドクター

iPhone修理は即日対応のアイフォンドクターへお任せください。

5_b18電源ボタン+音量ボタン+マナーボタンコネクタの取り外し準備を行います。バックカバーや固定用プレートにテープで取り付けられている部分を、一箇所ずつ剥がし、最後に音量量ボタン+マナーボタン部分を取り外します。

まず、バイブレーター直下にあったケーブル接続点部分をフレームから取り外します。ぴったりと貼り付いているので、ナイフ等の厚みのない工具を使用してください。

 

5_b18_1次に電源ボタンスイッチ部分を、固定用プレート(画像中赤線箇所)から取り外します。
電源ボタン固定用プレートは、左側がネジ止め、右側が鈎状になっており、フレームの細い円柱と連結しています。
ネ⽌止めを外した左側をピンセットで持ち、下から右にプレートを移動させます。角度度45度ほど動かしたあたりで集音マイクにぶつかるので、ここでプレートから電源ボタンスイッチ部分を取り外します。ナイフ等厚みのない工具を使用し、プレートとケーブルの間に工具を差し込んでテープ接着面をはがしてください。

スイッチ部分を剥がしたら、ケーブル全体(画像中青線箇所)を左側へ移動させます。バックカバーとケーブルはテープによる接着があるため、慎重に剥がしながら移動させましょう。

5_b18_2最後にボリュームボタン・音量ボタン部分を取り外します。画像中赤線で囲んだ部分がフレーム側にテープで固定されているので、金属ヘラを使用してテープ部を剥がして下さい。

※取り付けの際の注意事項
①コネクタ交換の際、元々のボリュームボタン・マナーボタンから固定用プレートを取り外し、新しいものに移植します。
その際、マナーボタン上下に固定用円柱が合計3本あります。
取り外すときにこれは本来、円柱部分のプラスチックを溶かし、長さを調節して固定するものです。
取り外すときに、元のパーツの円柱は折れてしまうことが多いので、新しい部品を取付ける前にプレート側に残った円柱を取り除いて下さい。マナーボタンプレートはスポンジを挟んで2枚の鉄板が重なっている構造なので、中央部のスポンジをちぎらないようにピンセット等で取り除きましょう。
5_b18_3また、新しく取付ける部品の円柱部を溶かして固定する必要はありませんが、その分円柱が若若干長いと思われます。はさみで0.5mmから1mmほど短くして下さい。
②取り付けの際、ボリュームボタン・マナーボタン両プレートは、全部で3本のネジによって固定し、そのうち中央1本のネジは2つのプレートを固定しています。そのため2つのプレートは中央部が互い違いになるように造られています。順番を間違えるとボタンが押せなくなるので、必ずボリュームボタンプレートが下(外側)、マナーボタンが上(内側)になるように取付けて下さい。


01 02