iPhone修理ならアイフォンドクター

iPhone修理は即日対応のアイフォンドクターへお任せください

5_b14バッテリー/背面カメラ修理の手順13からの続きになります。
丸印の付いたネジを取り外します。赤丸はプラスドライバー、青丸はマイナスドライバーを使います。
ここで取り外すネジは大きさの異なるものがほとんどであるため、取り外しの際入れ替えないようにご注意下さい。

 

5_b15集音マイクカバー・背面カメラスポンジクッションを取り外します。どちらが先でも問題ありません。また、背面カメラ上部にあるスポンジクッションの取り外しは絶対ではありませんが、紛失防止のために取り外しをお勧め致します。

集音マイクカバーはネジ止めのみの固定なので、手順14でネジを外し終わった段階で取り外し可能です。
スポンジクッションはフレーム上部側面(背面カメラ取り付け位置上部)に貼り付いているので、ピンセット等で取り外してください。

 

 

5_b16バイブレーターを取り外します。手順15と順序が入れ替わって問題ありません。
ネジ止めのみの固定なので、手順14でネジを取り外した段階で取り外しが可能です。
なお、画像16-‐‑‒1のように、バイブレーターの一部の金金具はテープでの接着のため、外れてしまうことがあります。電源ボタン等の修理理の際、取り外す必要はありません。外れた場合は画像の通りの向きで再度度取り付けてください。

※取り付けの際の注意点
バイブレーターの取り付け位置がずれ、イヤースピーカーやフロントガラスとの位置関係が悪い場合、フロントガラスを閉めた後にバイブレーションが機能しないことがあります。取り付け位置には注意しましょう。

 

 

5_b17Wi‒Fiアンテナコネクタを取り外します。
Wi‒Fiアンテナはケーブル部分とリボン部分に分かれており、ケーブル内金属部分が鈎状のフレームの金具によって固定されています。画像17のように、ケーブル右端をピンセットまたは手で持ち、ケーブルを左へ水平に移動します。
ケーブル内金属部がフレームの鈎状金具を通過すれば、ケーブル部分の取り外し完了です。

次にリボン部分をフレームから取り外します。
画像17‒1中赤線で囲んだ部分がWi‒Fiアンテナリボン部分です。上側は背面ガラスの裏側に位置しているため、無理に取り外すとガラスを傷つける恐れがあります。下側から薄い金属ヘラを差し込み、取り外してください。


01  02