アイフォン修理ならアイフォンドクター

iPhone修理は即日対応のアイフォンドクターへお任せください。

i5_m102本のアンテナケーブルの下側のみを取り外します。
この2本のケーブルが、手順9で取り外さなかった※印のネジの上を通っています。内部クリーニング等で基板だけの状態にする場合、上部2カ所の端子を取り外すと、アンテナケーブルを独立立して取り外すことが出来ます。

アンテナの基板側ソケットは他の部分に比べると変形しやすいです。ケーブルそのものも、取り外しの際工具の差し込みを誤るとケーブルを分断してしまいます。あまり負荷をかけすぎないように注意してください。
端子を外したら2本のアンテナを軽く左側にずらし、※印のついたネジをプラスドライバーで取り外して下さい。

i5_m11手順9で背面カメラ横のネジを取り外したら、固定されていたカバーをピンセット等で外しましょう。
併せて上部側面にあるネジ(画像中赤丸印)を2本取り外してください。

 

 

i5_m12電源ボタンコネクタ・Lightningコネクタケーブル・アンテナコネクタを基板から取り外します。
それぞれ電源ボタンコネクタは右側、Lightningコネクタは左側から取り外すとよいでしょう。アンテナコネクタは上~右上からが外しやすいですが、このコネクタは他のアンテナコネクタより破損しやすいことに注意しましょう。
尚、Lightningコネクタは非常にしっかりと接続されています。取り外す際は、コネクタに近い部分に工具を差し込みましょう。無理矢理に取り外すと、ソケットが曲がってしまう恐れがあります。

i5_m13基板を取り外します。
背面カメラとその左側のフラッシュライトはバックカバーの窪みにはまり込み、テープによって固定されています。ピンセット等を使用し、予め浮かせておいてください。
次にLightningコネクタケーブルを手前に折り曲げ(断線注意)、基板の下部を持ち上げます。
徐々に持ち上げていくと、Wi‒Fiアンテナコネクタが基板裏裏側に取付けられているのが見えます。基板を持ち上げるまで取り外しの出来ない部品です。忘れずに取り外してください。

背面カメラを交換する場合、基板取り外し後に、基板を裏返します。
赤丸印の付いているネジ2本を取り外し、固定されていた端子カバーをピンセットで取り除きます。
カバーを外したら、背面カメラ端子の左側からセラミックドライバーを差し込み、取り外しを行いましょう。


01  02