救出!折れたイヤホンジャックアクセサリー

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

救出!折れたイヤホンジャックアクセサリー


iPhoneDoctor(アイフォンドクター)です。

最近ご依頼として増えている事例があります。
それはイヤホンジャックアクセサリーの先端が折れてしまうということ。
そして折れたことで、抜けずに困っているということです。

イヤフォンジャックアクセサリーは最近よくありますよね。
人気のplugy(プラギィ)、キャラクター物、はたまた食品サンプルまで。まさに多種多様。

でもこういう商品って、ほとんどその根元がプラスチックでできているんです。そしてiPhoneは日ごろポケットかカバンの中。
すると気づかぬうちにアクセサリーがポキっと……
無残にも先端だけがアイフォン内に残り、ピンセットなどで引き抜こうにも取り出せない状態に陥ってしまうわけです。

ホコリ混入防止のイヤフォンジャックのキャップとかだとシリコン製のものが多いので、折れてしまう心配もないんですが……
こういったキャラクター物・ジュエリー系アクセサリーになると、土台がしっかりしてないといけないんでしょう。
お洒落で人気のあるものに限って、折れてしまったときに抜けにくい素材なわけです。

 

さて、折れてしまったらどうすればいいのか。
理想は自分で引き抜いて解決!という手段ですよね。
こういう手段だと無理やり取るような感じになってしまうので、ここで紹介するものを実行する場合は自己責任でお願いいたします。

私は以前、知人のiPhoneでこういう事態が起きたとき、安全ピンを使って救出しました。
掴めなくても引き抜けるに違いない!ということで、一番密着度がありそうな針を選択。
折れたイヤフォンジャックの真ん中に安全ピンを刺し、それ以上進まなくなったら引き抜く!!
安全ピンを抜くときに、イヤフォンジャックの先端も抜けるかもしれないという可能性にかけて実践してみました。
結果思惑通り、大成功!
見覚えのあるアクセサリーの先端が引っこ抜けました。
当たり前なんですけど、こういうアクセサリーは誤って抜けないように、しっかり作ってありますね……
抜くときの手ごたえがなんともいえませんでした。

あと、こういう記事もあります。
イヤホンジャックアクセサリーに注意!!完全にジャックされる危険アリ。(Sho_oza様)

こちらのサイトさんでは、割り箸とアロンアルファを使ってイヤフォンジャック除去に成功しています。
この記事の続きには、安全ピン作戦をもっと確実に成功させる方法も掲載されています。
ご自分でどうにかしたい!という方は、是非ご覧ください。

 

……と、ここまでは自己対策の方法です。
ここからは修理という形での救出方法でございます。
外側からは、つまり分解しない状態では引き抜くしか方法はありません。
そのために周りのフレームや、イヤフォンジャック自体を傷つけてしまうこともあります。
最悪イヤホンジャックの先端は抜けたとしても、パーツが壊れてしまい、イヤフォンが使えなくなってしまうこともあります。
より安全に先端を取り出す手段に、修理業者への依頼が挙げられます。

『分解してパーツだけ取っても状況は一緒なのでは?』
いえいえ。 そんなことはありません。
分解すれば引き抜くのではなく、押し出すことが可能なのです。

実はイヤフォンジャックの底には穴があいているのです。
ここは本来、浸水判定シールが取り付けられており、Dockコネクターのように外から浸水があったかどうかを確認できます。

底はケーブルとシールに覆われているだけで、それを剥がしてパーツだけの状態にしてしまえば……
押し出すことが可能というわけです! 

ただし、iPhone5以降はその穴がないため、そのまま部品交換となります。

このやり方だと安全かつ短時間で取り出しが可能です。
業者さんによってはパーツごと交換!と言われてしまうかもしれませんが……
iPhoneDoctor(アイフォンドクター)の場合、作業費3000円での取り出しが可能です。
勿論パーツごと壊れてしまっていることもありますので、その時は丸ごと替えなければいけませんが……
その場合は作業費はかからず、パーツ費のみでイヤフォンも新品に!

アクセサリーの先端が抜けず、もうイヤホンを使えないのかも……と諦めていた方々!!
iPhoneDoctor(アイフォンドクター)にお任せください!!!