パスコードを自由に設定する方法

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

パスコードを自由に設定する方法


最近はフォレンジック(科学捜査)ツール「XRY」などを使えば、iPhoneのパスコードロックが数秒で解除できるようです。このツールは数字や文字のパスコードが特定できるもので、1秒に最大9つの番号を解析することができます。

iPhoneパスコードを4桁で指定した場合、総1万の場合の数(パターン)が出来ます。これを全部調べるのは計算上20分足らずで可能です。

iPhoneパスコードのハッキングが心配であれば、数字と文字(ローマ字)で組み合わせ桁数を増やす方法もあります。場合の数が増え、解析ツールを用いてもiPhoneのパスコードが解除できるまで時間がかかるようになります。

ここではセキュリティ面でパスコードをもっと強化にしたい方、4桁のパスコード入力が面倒で、1桁のパスコードにしたいという方のために、パスコードが自由に設定できる方法をご紹介します。

 

IMG_0078 IMG_0079

1.iPhoneの「設定」からパスコードロックのオンオフを行います。
「設定」→「一般」→ パスコードロック

IMG_0073 IMG_0074

2. 簡単なパスコード を “オフ” にします。

IMG_0075 IMG_0076

3. パスコードをオンにして新パスコードを入力し、「次へ」をタップします。
オンにしている場合は、「簡単なパスコード」をオフにした時点でパスコードの要求画面が表示されます。

パスコード変更手順7 IMG_0078

4. 確認のためにもう一度パスコードを入力し、「完了」をタップします。
パスコード入力画面が変わり設定完了です。