ダウンロードしたアプリが起動しない

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

ダウンロードしたアプリが起動しない


PCを使用せずiPhoneを使われている方に発生する頻度の高いトラブルで、
元々入っていたアプリではなく、App Storeから購入したアプリが開けなくなってしまうという症状があります。
アプリをタップして、起動している最中に勝手にホーム画面に戻ってしまうと言った感じです。

この症状は、Apple IDとのセキュリティ認証が原因になっているらしく、何らかの原因でその認証が外れてしまうと、
サードパーティー製、つまりApple以外の所が制作したアプリを危険と判断し、開けなくなってしまうらしいのです。

改善方法としては、PCにつないで同期・Apple IDの再認証を行うこと。
お手元にPCがない場合、App Storeから無料・有料関係なく、一つアプリをダウンロードすることで状態が改善されます。
iOSのバージョンが関係しているのか、iPhoneの仕様として存在し続けているのは不明ですが、もしこのような症状でお困りの方がいらっしゃれば、是非この方法を試してみてください!