画面が真っ暗で操作できない症状

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

画面が真っ暗で操作できない症状


突然画面が真っ暗になってしまって、動いているのかどうかも分からない。外見だけで故障箇所が判断できないもののひとつが、画面がつかなくなってしまったという状況。

致命的な故障とも思えますが、あきらめるのはまだ早いです。 まずご自分のアイフォンの状況をご確認ください。

※尚、水気のある場所でiPhoneを使用した覚えがある場合は、出来るだけ早く電源を切るようにしてください。電気を流すことによって、故障箇所を増やしてしまう恐れがございます
 
iphone修理費用詳細はこちら
 
 

画面が真っ暗で操作できない症状の分類


 

1. 起動は出来ている/バイブやサウンドは動作している

 
この場合、液晶画面が壊れてしまっています。ここで重要なのが、壊れているのが本体基盤なのか、液晶パーツなのかです。
iPhoneのパーツは、基盤側のソケットにしっかりはめ込まれて、正常に動作しています。このはまりが甘かったり、パーツの端子部分の押さえが足りなかったりすると、本体基盤もしくは液晶パーツを徐々に傷つけます。不安定な状態で落下などの衝撃を与えると、液晶パーツ・本体基盤の接触部分に強いダメージを与え、結果画面がつかなくなってしまうのです。

当店ではまず、現在の状態が基盤側の問題か液晶パーツ側の問題かを調べるために、通常修理で使用している新しい液晶部品を一度仮組みで取り付けます。このテストで正常に画面を表示すれば、修理は可能です。

修理作業はお客様の目の前で行っていますので、お持込いただきましたら、直ちにテストを行います。 本体基盤のソケットがパーツを認識しないまでに損傷が進んでしまいますと、修理が行えなくなる恐れがございます。画面がつかない症状に陥ってしまいましたら、出来るだけ早く修理されることをお勧めいたします。
 

2. 充電器を入れても反応がない/電源自体が入っていない

 
この場合、なんらかのきっかけで、バッテリーと本体の接続が切れてしまっていると思われます。簡単に言えば、この接続を元に戻せば状態は改善されます。

しかし、他の携帯電話のように、蓋を開けてバッテリーを簡単につけ直すことが出来ないのがiPhoneの難儀な部分です。

しかも多くの場合、お使いのバッテリーの電圧が極端に標準値を外れていて、仮にバッテリーをつけ直すだけで電源がついたとしても、その後同じバッテリーを使う限り、また画面がまったく映らず、電源も入らない状態に陥る可能性が高いです。
電圧の数値が狂っている状態で使い続けるということは、例えると細いパイプにそれを上回るサイズの物体が無理に通り続けているようなものです。パイプを傷つけながら通っているわけですから、いつかはこのパイプに穴が開き、本来の機能をしなくなってしまいます。

iPhoneでいえば、パイプが本体基盤。そのサイズを上回る物体が異常電圧。つまり壊れたバッテリーというわけです。このまま使用を続ければ、修理できなくなってしまう恐れがございます。

iPhone4、4Sですと、バッテリーは分解作業で最初に外す部品です。テスト時間も、他のパーツ交換テストに比べてごく短いため、実際の修理作業もお時間をとらせません。

ikebukurotop02