通話時のトラブル

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

通話時のトラブル


通話時のトラブルは、特にiPhoneの古い機種に多いようです。すでに解約済みで携帯電話としてお使いのものでなければ、最早使う機能ではないでしょう。しかし殆どの方にとって、通話は携帯電話としてお使いでしょうから、最も使用頻度の高いもののひとつかと思います。

しかもこちらの障害は経年劣化によって起こることが多く、たとえ原因が基盤問題だとしても(本体を交換する以外修理する方法がない状態)、Appleの無償修理期間を過ぎてしまってから壊れてしまうケースも。

ある程度年数が経った物に関しては、本体内部で水濡れの判定が出ていることが多く、状態によってはAppleの有償修理(保証対象外の場合の修理)も受けることができない場合もございます。

症状によってはお客さまご自身で、直るかどうかテストを行うこともできます。

 イヤースピーカー修理

マイク修理

通話時のトラブル種類


『通話時相手の声が聞こえない』『通話時自分の声が届いていない』

似たような症状ですが、実は全く違う部分の故障です。まず、iPhone内部でサウンドに関わる部品は大きく分けてイヤースピーカー、ラウドスピーカー、マイクの3つです。

通話に関わるパーツはイヤースピーカーとマイク。相手の声が聞こえる上部の網のある部分がイヤースピーカー、Dockコネクタ(充電器を差す部分)のサイドに2つあるメッシュの内、左側にあるものがマイクとなっています。

電話中のトラブルに気がついたら、まずデフォルトのアプリであるボイスメモを立ち上げましょう。これが録音できるかどうかで、修理可能かが判断できます。

画面下部左側にある、銀地に赤丸のボタンを押すと録音が始まります。これで自分の声を録音してみてください。録音完了後、右側のボタンを押すと、保存したものの一覧が表示されます。

再生する際に、画面上部左側にある『スピーカー』をタップすると、音を流す部分がラウドスピーカーからイヤースピーカーに切り替わります。相手の声が聞こえない症状に悩まされていた方も、これでテストが可能です。

テストの結果、音が聞こえなかった場合・録音ができていなかった場合(つまりそのパーツ自体が一切機能していない状態だった場合)、修理は可能です。
パーツごと変えてしまえば、状態は改善されます。このテストで調べたかったのは、パーツそのものが生きているかどうかです。パーツ自体は正常に動作しているのに、通話時だけ声が聞こえない・声が届かないというケースだと、修理は難しいでしょう。

また、直接関係ないパーツのせいで、基板問題と似た状態に陥ることがあります。
以下のような症状の場合、修理できる可能性が高いです。

  • イヤースピーカーから音が出ないが、イヤホンなら問題ない。
  • 近接センサーが効かなくなった。
  • 通話中スピーカーに切り替えると問題なく動作する。

この症状はイヤホンが刺さっていると誤認識されているケースが多く、イヤフォンジャックパーツ交換で直るでしょう。誤認識されているため、音量ボタンを押すと表示される画面に、カッコ書きでヘッドフォンとあります。気づきにくい部分ではありますが、こういったことから故障箇所が判別できます。

 

通話時のトラブルがあったときは

  • まずボイスメモでパーツの問題かどうか調べる
  • 復元を試す
  • イヤフォンが刺さっていると誤認識されていないか確かめる

以上3つをお試しください。また当店に直接ご来店いただきましたら、テスト用のパーツを付けて直るかどうか確かめることもできます。
復元などをする手間を省きたい方は、一度お立ち寄りください。

iPhone修理のアイフォンドクター秋葉原本店 0120-53-7076