バッテリーの持ちが悪い

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

バッテリーの持ちが悪い


「バッテリーがすぐなくなる・バッテリーの持ちが悪い」

スマートフォン全般に言える悩みとして、バッテリーの持ちが悪いことが挙げられるかと思います。小さい機械であれだけの性能を出そうとすれば、どうしても普通の携帯電話より電池の消費が激しくなってしまうのは必然です。

バッテリー交換
※上記バッテリー交換費用(税別)は店舗により異なりますので、ご利用店舗の費用をご確認下さい。

iPhoneのバッテリー修理・交換について


Appleによれば、フル充電から使用してきちんと充電サイクルを守っても蓄電量は落ち、充電を500回繰り返せば最大で80%までしか充電できなくなってしまいます。(参照:http://www.apple.com/jp/batteries/iphone.html)。

iphoneバッテリー1年から1年半ほどで一度バッテリー交換をしておかないと、長く使用するのは難しいでしょう。

最近は外付けバッテリーケースもありますが、高速充電機や非正規充電ケーブルを使うのは、長く使うに当たっては理想的ではありません。

バッテリーの交換は比較的敷居も低く、自分でも交換できるほどです。

ただ、自分で分解修理を行うのはやはりリスクを伴いますので、出来るだけ寿命を伸ばすのが一番理想的でしょう。様々なサイトでバッテリーを長持ちさせるテクニックが書いてあります。Apple公式にも近い記事がありますので、よろしければ上記のリンクをご参照ください。

 

iPhoneのバッテリー充電方法について


ここでは充電手段に的を絞って、ご紹介させていただきます。iPhoneを購入するとACアダプタとUSBケーブルが付属品として渡されますが、ACアダプタでの充電というのは、実はバッテリー寿命を縮める原因の一つです。

ACアダプタでの充電は、時間がかからない代わりにフル充電ができていません。コンセントからの充電の場合と、PCからの充電を比較してみると、100%から80%までの減りの速さが大分違うと思われます(使用状況・個体差によって差はあります)。早く充電できる代わりに、減りも早くなってしまうというわけです。

iphone充電一方PCからの充電だと、2時間近く充電に時間はかかってしまいますが、減りは穏やかになります。前者と比較すると、時間をかけて満遍なく充電しているわけです。PCに接続すれば自動的にiTunes(アイチューンズ)とも接続され、バックアップも自動的に作成してくれます(設定で自動接続にならない場合もございます)。

いつトラブルが起きるかわからないのが携帯機器の怖いところです。万が一に備えて、そしてバッテリーのパフォーマンスの向上のために、PCで充電されてはいかがでしょうか?

 

top_image_tel_02