アイフォンの突然の故障・トラブル『こんなときどうする?』

一見しただけではわからないアイフォンの故障を症状・状態別に説明します

どこが壊れましたか?

フロントガラスが割れた

故障症状:フロントガラス(液晶)が割れた
傷ついてしまった

該当部品:フロントガラス(液晶一体型)

「iPhoneは落とすとすぐ割れてしまう……。」
「せっかく買ったばかりなのに傷がついてしまった。部品だけ交換したい!」
Apple正規サービスだと本体交換修理になってしまい、手間と費用がかなりかかります。
iPhoneを修理に出す→直る→すぐ使える!!
よく使う携帯電話だからこそ、一時も手放したくない貴方に!

タッチが効かない

故障症状:タッチパネルが反応しない
画面上に触れないアイコンがある

 

推定故障原因:デジタイザー(タッチパネル)
・ソフトウェアトラブル・水没/浸水


キーボードの切り替えが出来ない・ロック解除のスライドが出来ない
など、iPhoneの使用が困難になる故障です。
原因は様々有り、埃による経年劣化や水没、落下での損傷が代表的な故障原因です。見た目から故障原因がわかることもあります。

画面が真っ暗・起動不可

故障症状:画面が真っ暗で映らない(起動しない)
液晶が液漏れを起こしている

 

推定故障原因:液晶・バッテリー

何らかの衝撃で画面表示が反転してしまったり、一部が液漏れしてしまったりする場合、液晶部品が破損してしまっています。
更に重度の物になると、落としてから画面が映らないものの、着信音は聞こえたり、バイブは反応していたりする症状や、一切反応もなく電源が付いていない症状が発生します。
本体基板が破損してしまえば、Appleでの本体交換を行う以外修理する手だてがなくなってしまいます。部品交換で直る間に迅速に修理する必要があります。

 浸水・水没

故障症状:液体がかかった・水の中に落とした

アイフォンの故障の中で最も予期していない故障の一つが水没・浸水ではないでしょうか。こういったトラブルが起きたときに限って、バックアップデータが作成できていないこともしばしば。
Appleで本体交換修理を受けるか、iPhone修理専門店での修理をするか。
浸水・水没後の応急処置や修理のメリット・デメリットを把握し、修理をご検討ください。

充電が出来ない

故障症状:充電が出来ない・PCと接続できない

 

推定故障原因:Dock/Lightningコネクタ
・バッテリー

ドックコネクタ・Lightningコネクタは購入時の状態では常に露出しており、湿気や埃が蓄積し、徐々に故障しやすくなっていきます。
充電をするとき必ず使用する部品であるため、壊れてからでは遅い箇所。
少しでも調子が悪い・損傷が見られる場合、完全に壊れてしまう前に修理が必要です。

 バッテリーの持ちが悪い

故障症状:バッテリーの持ちが悪い

 

推定故障原因:バッテリー・ソフトウェアトラブル

iPhoneのバッテリーは約400回充電すると、最高80%までしか充電できなくなってしまいます。
見かけ上は100%でも、実際は80%分しか稼働できないのです。バッテリーそのものが劣化してしまったら交換するしかありませんが、使用年数以上に減りが早い場合、設定やソフトウェア上に問題があるかもしれません。

サウンドトラブル

故障症状:サウンドトラブル
例:電話の際相手の声が聞こえない
・自分の声が届かない
・動作音が聞こえない

 

推定故障原因:ラウドスピーカー
・イヤースピーカー
・マイク・イヤフォンジャック

サウンドトラブルは様々有り、状態により故障原因箇所も様々です。部品故障だけでなくソフトウェアトラブルの場合もあり、実際に作業を行わないと原因が分からないことが多いです。
お持ち込みいただければテスト用部品を取付け、直る・直らないの診断からお見積のご提示まで迅速に御対応!実作業時間も平均30分です。
故障原因が分かりづらい故障なので、是非一度お問い合わせください。

 ボタン関係の故障

故障症状:各種ボタンが効かない・陥没している

 

推定故障原因:ホームボタン
・電源ボタン・マナー/ボリュームボタン

iPhoneの部品の中で壊れやすい部品の一つであるホームボタン・電源ボタン。
部品ケーブルが非常に細いため、断線しやすいマナーボタン・音量ボタン。
陥没やボタンの効きが悪くなる前に対策できる部分もございます。
故障前後の対策を事前にチェック!

 イヤフォンジャックに異物が詰まった

故障症状:イヤフォンジャックから異物
・折れたジャックアクセサリーが抜けない

近頃人気のあるキャラクター物のジャックアクセサリーですが、
製品特性上、アクセサリー部分が折れてしまい、ジャックに差し込んでいるプラスティックの部分が内部に残り抜けなくなってしまうことが多々あります。
iPhone4/4sであればイヤフォンジャック部品を交換せずとも、修理できる可能性も大いにあります。
アロンアルファ等を使っての引き抜きに失敗すると部品を交換しなければなりません。ご注意を!

iphone修理のアイフォンドクター池袋本店はiphone修理・カスタムを即日対応!