iphone修理のための工具

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

iphone修理のための工具


「自分でiPhoneを分解してみたいんだけど、使う工具ってこれでいいの?」

「これから修理事業を始めようと考えていますが、おすすめの工具は?」

個人様で分解修理を行う際は、購入部品に簡易工具が付属していることも多いでしょう。ただ、実際手早く作業をするために、簡易工具だけでは不十分かと思います。

iphone修理・カスタマイズに必要な工具紹介


初挑戦の修理、せめて工具で不便を感じることがあってはなりません。こちらのページでは、弊社エンジニアが修理時に使用している工具一式をご紹介いたします。

iPhone工具

 

1.はさみ 6.ナイフ


分解作業で使うというよりは、部品固定に使用する両面テープを適当なサイズに調節するために使用します。

工具ではありませんが、用意しておくと非常に便利な一品です。

2.星形ドライバー(ペンタローブドライバー)


Dockコネクタの両端にある2つのネジを取り外す際に使用します。この2本の星形ネジはペンタローブネジといい、安易に分解されることを防止する目的で使用されている特殊ネジです。

内部部品の取り外しでは使用しませんが、こちらのドライバーがないと内部を分解することもできません。iPhone修理においての必需品と言っても過言ではないでしょう。
3.セラミックドライバー


マイナスドライバーに似た、主に端子を取り外す際にヘラとして使用する工具です。内部のネジを取り外していく精密ドライバーと並んで使用頻度の高いものです。

この工具のように、端子を取り外す用途で使用する工具が、iPhone部品を購入するとおまけとして付属していることが一番多いでしょう。

ただ、付属品としてのおまけ工具は非常に簡素で、あまり強度もなく、端子を取り外すには非常に心許ないものに感じられます。

端子を取り外す作業は修理行程で重要なものであり、この作業を失敗し、本体基板を傷つけてしまえば、二度とiPhoneを起動できなくなる恐れもあります。

エンジニアから見ると、その重要な作業で使う工具は、せめてしっかりとした質のものを使用していただきたいと考えております。代用品は様々ありますが、おすすめはセラミックドライバーです。

DIYツールとして売られていることも多く、ホームセンター等で購入可能かと思います。ただ他の工具に比べると店舗での購入が難しいので、修理部品購入ついでに通販で買われることをお勧めいたします。

4.精密ドライバー


内部の数々の部品を固定しているネジを取り外すために必要となるプラスドライバーです。iPhone内部のネジはかなり小さいです。

家電量販店などで売られている精密ドライバーでも大きすぎ、ネジ山を潰してしまう可能性があります。もし部品購入時の付属ドライバーが使いづらい場合、ドライバー先端サイズは#000のものを購入するといいでしょう。

『ドライバー #000』のキーワードでインターネット検索をしてみればいろいろなメーカーのドライバーがヒットすると思いますので、ご参照ください。

5.細工用ヘラ


iPhone4,iPhone4Sの内部には、ネジ自体がネジ受けになっており他のネジと形状の異なるものが1本ないし2本あります。

それを取り外すのには精密マイナスドライバーが最適なのですが、弊社ではマイナスドライバーと、この細工用ヘラを併用しています。細工用ヘラは多用途工具であり、弊社では両頭型ヘラを使用しています。

それぞれ先の尖っている方と平らな方で分かれており、修理以外にもアクセサリー製作や粘土細工等の美術用品としての機能性も抜群です。

1本あるとドライバー代わりにもでき、両面テープで固定されているフロントガラスを取り外す目的でも使え、効率よく作業を進めるためには欠かせない工具になっています。

P.toolもしくはミネシマというメーカーが販売している両頭型の細工用ヘラが弊社おすすめの一品でございます。
7.金属ヘラ(大)


iPhoneの部品は両面テープで取り付けられているものが多く、取り外すためには素材が固く、厚みのない工具を使用すると作業効率も上がります。内部部品に関しては5番の細工用ヘラを使用するのですが、この工具は主に小さな部品向きです。

両面テープで固定されている部品の中で、フロントガラスを除いて一番大きい部品がバッテリーになります。

バッテリーのそばにあるタブを引っ張り取り外すというやり方が主流になっていますが、このやり方だとタブ自体がちぎれてしまう可能性があります。

弊社では、修理完了時のiPhoneができるだけ純正の状態に近くなるよう、周囲の部品等を傷つけないように作業をしています。

そのために、バッテリーは大きなヘラを使用して取り外しています。現在はもんじゃ焼きで使うヘラを代用品として使用していますが、要は厚みがなく、強力な両面テープを取り外せる程度の強度があるものであれば何でも構いません。

このヘラを使えば、修理を傷つけることなく、分解が可能になるかと思います。

8.ピンセット


精密機械の内部は当然部品も細かく、そのままでは取り外すこととのできない部品も多くあります。

細かすぎて取り外せない部品があるとき、ピンセットが役に立ちます。小さな隙間にピンセットを滑り込ませたり、新しい部品を以前と同じ位置に設置したり、修理作業中ピンセットが自分の指先になるような感覚です。

修理以外に日常で意外と役に立つ工具だと思いますので、修理ついでにそろえてみてはいかがでしょうか。

9.歯ブラシ


こちらは工具ではないですが、手入れ用品として非常に活躍します。iPhoneをいざ分解してみると、かなりほこりが入ってしまっていることも多く、ボタン関係の故障ですと、それが原因となっていることも考えられます。

そういった手入れする際、柔らかい歯ブラシを使うとかなり綺麗になります。念のため歯ブラシが乾いているか確認してから使用してください。

 iphone修理マニュアル


最近は動画投稿サイトに修理行程を撮影した動画も多く、自分で修理する敷居はかなり下がったように思えます。

これからiPhone修理事業を立ち上げようとされている方で、動画サイトやまとめサイトを利用して修理の知識を学ばれる方もかなり多いのではないでしょうか。

しかし、こういったもので紹介しているのはあくまで『分解手順』であり、機能や部品の知識なしで作業を行うと正常に起動しないことも多々あります。

弊社では、そういった『分解手順』ではなく、『修理手順』を集約したマニュアルを作成いたしました。

iPhoneマニュアル

弊社が現在行っているiPhone修理短期習得講習会でも、このマニュアルを使用しており、また弊社代理店講習の際も、こちらのマニュアルをベースに技術提供をしております。

よくあるフロントガラス修理に留まらず、ボタン関係、センサー調節方法を収録しており、これからiPhone修理事業を始められる方がクオリティの高い修理をお客様に提供するために必要な知識を一度に学ぶことができます。

マニュアルページはこちらから

top_image_tel_02