バックアップの取り方がわからない

iPhone修理・フロントガラス交換ならアイフォンドクターへ

バックアップの取り方がわからない

Appleでの本体交換修理の場合、データバックアップの作成が必須になります。
なぜならバックアップがなければ、修理後に受け取るiPhoneはまったくの新品ないし整備品となってしまい、データが消えてしまうからです。
逆を言えば、バックアップさえ作成してあれば、本体交換や機種変更をしても、バックアップ作成直前までの状態をそのまま引き継ぐことが出来ます。
PCがあれば簡単に短時間でバックアップが作成できます。
もし身近にPCがなくとも、iPhoneのiOSアップデートが出来れば、iPhoneのみでバックアップを作成することも可能です。
ご自分の環境に合わせたバックアップの仕方を覚えましょう!!
※ミュージックライブラリ等、PCから同期しているものに関してはバックアップ項目には含まれない場合があります。
iPhoneに保存されているデータのバックアップとお考えください。
iPhoneの使い方が分からなければこちらもチェック→初心者にも分かるiPhoneの使い方

iPhoneの故障でお困りであれば、こちらのページもチェック!

バックアップの取り方


●iTunes(PC)でのバックアップ作成方法(旧バージョンの場合)


iTunes1
(1)USBケーブル(充電に使うケーブル)を使ってiPhoneをPCにつなぎます。
接続されるとiTunesが自動的に立ち上がり、上記の画面が表示されます。
(自動的に起動しない場合は手動でお願い致します。その場合も同じ画面が表示されます。)
※もしiPhoneにパスコードロックをかけ、なおかつロック画面状態でPCに接続すると、
「iPhone”(登録名)”がパスコードでロックされているため、iTunesはこのファイルに接続できませんでした。iTunesで使用できるようにするためには、最初にiPhoneでパスコードを入力する必要があります。」
というメッセージが表示されます。メッセージの通りiPhoneからパスコードを入力し、ホーム画面を表示させてから「やり直す」のボタンをクリックしてください。


 

(2)画面左側の『デバイス』カテゴリにある
●●●のiPhone(初期設定時にご自分でつけた名前)という項目を右クリックします。
そうすると左の画像のようにメニューが表示されます。
その中の『バックアップ』を選択します。


iTunes接続画面3

(3)画面上部のウィンドウにバックアップの進行状況が表示されます。
該当ウィンドウの中央部にリンゴマークが表示されるとバックアップ完了です。
一度もバックアップを作成したことがない場合10分前後時間がかかります。


iTunes接続画面4 (4)画面上部のメニュータブから「概要」を選択し、画像中赤印のついている箇所を確認してください。
このコンピュータへの前回のバックアップ日付が直前の日付であれば、バックアップ作成完了です。

●iTunes(PC)でのバックアップ作成方法(iTunes11以降の場合)


iTunes11接続画面
(1)主な操作は旧バージョンと同様ですが、画面表示が大きく異なります。
ミュージックライブラリの表示画面の右上に「iPhone」というアイコンがあります。クリックすると概要画面が表示されます。 


iTunes11接続画面2
画像中赤丸の付いている「今すぐバックアップ」のボタンをクリックするとバックアップが作成されます。この先は旧バージョンと同様になります。 

●iCloud(iPhone)でのバックアップ作成方法


もしPCをお持ちでない場合で、iOS(ソフトウェア)のバージョンが5.0以上であれば、iCloudというクラウドサービスを利用することが出来ます。
このサービスを使えば、パソコンなしでもバックアップを作成することが出来ますが、デフォルト使用可能容量は5GBのため、データ容量によってはバックアップを取りきれない場合もあります。有償版へ切り替えれば、保存可能容量を増やすことも可能です。

iCloud設定方法1(1)まず設定を開きます。
メニューの中からiCloudを選択してください。 

 


iCloud設定画面2(2)初回設定の場合、Apple ID入力画面が表示されます。
IDとパスワードを入力後サインイン、利用規約への同意を選択するとアカウント設定画面へ移動します。 


iCloud設定画面3(3)設定画面が表示されました。
次回からiCloudメニューをタップするとこの画面が表示されるようになります。
ここからは簡易バックアップ作成のオンオフを設定できます。
ここで設定をオンにしたものに関しては、Wi-Fiネットワーク接続時にバックアップを作成します。
PCと同じ内容のバックアップを作成するためには、この下にある「ストレージとバックアップ」を選択しましょう。


 

iCloud設定画面4(4) ストレージとバックアップ画面の下部に「iCloudバックアップ」のオンオフボタンがあります。
iCloudバックアップを作成するためには、iPhoneを電源へ接続し、ロック状態にして、なおかつWi-Fiネットワークに接続する必要があります。
環境が整い、iCloudストレージ容量に十分な空きがあれば随時バックアップを作成します。


iCloud設定画面5(5)前項にある条件全て満たしていなくても、Wi-Fiネットワークにつながっていれば、画面下部に「今すぐバックアップを作成」という項目が追加表示されます。
ここをタップすると、PCバックアップと同じものをすぐに作成することが可能です。
もし容量オーバーで作成できない場合、「ストレージを管理」の項目から過去のバックアップから必要のないものを削除してください。